ソニーα7S III の詳細スペック?

軒下デジカメ情報局で、ソニーα7S III のドイツ語版のプレステキストが掲載されています。

軒下デジカメ情報局

  • ソニーα7S IIIの主なスペックは「1210万画素Exmor Rセンサー」「759点像面位相差AFセンサー」「15stop+のダイナミックレンジ」「標準ISO:80-409.600」「944万ドット0.9倍のOLEDビューファインダー」「3.0型144万ドットのバリアングル液晶」「4K120p動画」になるらしい。

    (※以下、プレスリリースの内容を簡単にまとめました)
    – 改良され、より低照度に強くなった12MP裏面照射型センサー
    – 大きなピクセルサイズのおかげで低照度に並外れた強さ
    – 低感度は拡張でISO40まで可能
    – 画像処理エンジンは8倍の性能を持つBIONZ-XRプロセッサ
    – α7シリーズ初のバリアングルモニター(3.0インチ144万ドット)
    – メニューのタッチ操作が可能に
    – 944万ドット0.9倍の有機ELのファインダー
    – 4K60pまではクロップなし、4K120pは1.1倍のクロップ
    – 1時間オーバーヒートすることなく動作
    – フルHDは240pに対応
    – 4:2:2 10bit
    – XAVC-S-Iは最大500Mbps/秒でAII-I記録可能
    – XAVC-HCはH.265圧縮によりデータ量を200Mbps/秒まで削減できる
    – HDMI経由で4K60p 16bit のRAWをAtmosレコーダーに出力可能
    – 15EVを超えるダイナミックレンジを持つLog(S-log2、S-log3)
    – ローリングシャッター効果は最小限に抑えられている
    – 5軸手ブレ補正搭載、CIPA規格で5.5段分の効果
    – 759点ハイブリッドAF(コントラストで425点)画面の92%をカバー
    – AFは-6EVに対応
    – 連写はAFは追従で10コマ/秒
    – メカシャッターは最大1/8000秒
    – メモリカードスロットはSDカード(UHS-II)とCFexpress Type Aに両対応
    – Type Aのカードは9月発売予定で、80GBで230ユーロ、160GBで440ユーロ
    – バッテリーライフは600枚、動画95分、USB給電が可能
    – 価格は4200ユーロで9月に発売

いよいよ明日になりましたリリース。当初より少し価格が上がった感じですかね

関連記事

  1. ライブハウス 尼崎Scope

  2. 県内最大級のグルメイベント和歌山県和歌山市で「全肉祭」が開催!

  3. F1日本GP中止を発表!

  4. 5/31開催決定 G.U.M Special 配信 〜Gステ〜 [Stream by PRO SPEC]

  5. Facebookがアーチスト・タレント支援のために課金システムを近日導入予定!

  6. スタジオ ユニット 阿波座

  7. 「バンクシー展 天才か反逆者か」100万人以上を動員した展覧会が大阪初上陸。

  8. THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE

  9. ☆SPIKAの「Darling….2019」のリングトーンが5月26日リリースされます。