スーパーGTが改訂スケジュールを発表!富士、鈴鹿、もてぎを中心に開催。全戦で無観客開催を想定する模様。

新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されていたスーパーGTだが、7月に今季の初戦が行なわれることが決まった。

スーパーGTシリーズを運営するGTアソシエイション(GTA)は、2020シーズンのスケジュールをさらに改訂した最新版を発表。新型コロナウイルスの影響に伴い、富士スピードウェイ、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの3カ所を中心としたスケジュールで全8戦を行なうことを明らかにした。

 4月6日にGTAが発表した暫定のカレンダー案では7月11日~12日に岡山国際サーキットで開幕し、最長で翌年1月までの期間で全8大会をこなすというものだった。しかし、コロナ禍での様々な状況を鑑み、富士スピードウェイ、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの3会場を中心を開催することとなった。

 開幕は7月18日~19日の富士スピードウェイで、全8戦とレース数は変わらず。このうち富士スピードウェイで4レースを開催し、鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎはそれぞれ2回ずつの開催となる。

 海外ラウンドについては今年からマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットが開催される予定だったが、現地情勢等を鑑み、現地プロモーターとの協議の結果、2020年の開催は見合わせることとなった。

 一方、タイのチャーン・インターナショナル・サーキットについては12月26日~27日に第8戦として開催を目指して調整中ではあるようだが、万が一開催ができなかった時に備えてか、11月28日~29日に富士スピードウェイでの開催も候補に入れて検討されているようだ。

 また、原則として全戦無観客でレースを行なうことを想定していることもGTAから明らかにされた。ただ、今後の状況次第では第5戦以降で観客を入れてのレースも視野に入れて検討しているという。

 公式テストに関しては当初の予定通り6月27日~28日に富士スピードウェイで開催されるが、こちらも無観客で実施される。

2020 スーパーGT 改訂カレンダー(2020年6月4日時点)

第1戦:7月18日~19日 富士スピードウェイ※1
第2戦:8月8日~9日 富士スピードウェイ※1
第3戦:8月22日~23日 鈴鹿サーキット※1
第4戦:9月12日~13日 ツインリンクもてぎ※1
第5戦:10月3日~4日 富士スピードウェイ※2
第6戦:10月24日~25日 鈴鹿サーキット※2
第7戦:11月7日~8日 ツインリンクもてぎ
第8戦:以下の候補で調整中
・12月26日~27日チャーン・インターナショナル・サーキット(タイ)
・11月28日~29日 富士スピードウェイ 

※1=無観客開催
※2=今後の感染状況、社会情勢を踏まえ開催方式を検討

関連記事

  1. 三上スピカ&☆SPIKA【4月・5月】ライブ★撮影会スケジュール

  2. レコーディングスタジオ「トリチュ」

  3. YouTube等の動画のライブ配信に超便利!画面切り替えなど自分で映像演出の操作ができるブラックマジックデザインのスイッチャー「ATEM Mini Pro」

  4. 広島クラブクアトロ

  5. ライブハウス 浜松FORCE

  6. Zepp Fukuoka

  7. KT Zepp Yokohama

  8. セクシーなゴーゴーダンサーの「トライハードダンサーズ」|国内No1のパフォーマンス集団

  9. ☆SPIKAの「Darling….2019」のリングトーンが5月26日リリースされます。