キヤノンEOS R5 / EOS R6 の詳細スペック及び価格か!?いよいよ今夜21時から新時代始まる。

軒下デジカメ情報局で、キヤノンEOS R5 / EOS R6 のフライング記事が紹介されています。・軒下デジカメ情報局

従来は5シリーズがスタンダード、6シリーズは廉価版の位置付けだったが、今回役割を変更、EOS R6を新スタンダードに、R5をハイエンドに位置づけている。

  • EOS R5

    – 発売時期は7月下旬
    – オンラインショップ価格は税別46万円
    – 新開発4500万画素CMOSセンサー
    – DIGIC X
    – 高感度は常用で最大ISO51200(動画は25600)、拡張102400(動画51200)
    – JPEGやRAWに加え10bitの「HDR PQ」での撮影が可能に。HEIFで記録可能
    – ボディ内手ブレ補正は、レンズ内補正と協調動作可能。マウント径の大きいためシフト幅を大きくすることでき、最大8段分の効果が得られた。
    – ボディ内+レンズ内補正に加えて電子式手ブレ補正のミックスも可能
    – AFは「デュアルピクセルCMOS AF II」に進化、AFスピードは0.05秒
    – EOS-1D X Mark III と同じAFアルゴリズムを搭載
    – ディープラーニングを活用した「EOS iTR AF X」で瞳や頭部の検出に対応。サングラス・ヘルメットを着用した被写体や後ろ姿でも検出可能、動物の検知にも対応
    – 測距エリアは1053分割に細密化、測距輝度範囲はEV-6~20
    – F22でのAFに対応、RF600mm F11とRF2xの併用でAF撮影が可能
    – 連写はAF/AE追従で機械シャッター12コマ/秒、電子シャッターで最大20コマ/秒
    – シャッターはEOS Rよりも作動音を抑えた。耐久性は50万回
    – 電源OFF時のシャッター閉幕に対応
    – バッテリーは2130mAhに容量を増した新型LP-E6NH。省電力モードで700枚撮影でき、8K RAWで1時間20分録画できる。
    – USB給電・充電が強化され、USB-PDで高速充電にも対応
    – Wi-Fiは2.4Gに加えて5Gにも対応
    – ボディはマグネイシウム合金、三脚ネジ穴部は亜鉛ダイキャストで防塵防滴構造
    – メモリーカードはCFExpress+SD UHS IIのデュアルスロット
    – 液晶モニタは210万ドットバリアングル
    – EVFは576万ドットでフレームレートは119.88fps
    – 8K動画はUHDとDCIの両規格に対応。最大フレームレートは29.97fps、10bit Canon LOG、10bit HDR PQ、12bit Canon Cinema RAW(Lightではない)の内部記録に対応。Cinema RAW以外はH.265に対応。全てクロップなしで撮影可能。
    – 4K動画はDCI・UHDともに最大119.88fpsで撮影可能。29.97fpsまではDCIで8.2K、UHDで7.7Kのオーバーサンプリングに対応。
    – 8Kでも4Kでも動画時のAFで人物検出や動物検出が可能。
    – 録画時間は29分59秒まで、8K RAWと8K30pでは温度上昇をともなうため約20分ほど。4K60pでは再スタートさせれば35分撮影可能。USB給電での動画撮影も可能
    – マイク端子とヘッドフォン端子を搭載

    (以下、スペックシートより追記)
    – 機械シャッターと電子先幕で1/8000-30秒、電子シャッターで1/8000-0.5秒
    – シンクロは機械シャッターで1/200秒、電子先幕で1/250秒
    – EVFは576万ドット有機EL、倍率0.76倍、アイポイント23mm
    – 液晶モニタは3.2型(アスペクトレシオ3:2)、210万ドット
    – 大きさは138 x 97.5 x 88mm
    – 重さはバッテリーSDカード込みで738グラム、ボディのみで650グラム

  • EOS R6

    – 発売時期は8月下旬
    – オンラインショップ価格は税別30万5000円
    – 1D X Mark III 用をベースにした2000万画素CMOSセンサー
    – 連写はAF/AE追従で機械シャッター12コマ/秒、電子シャッターで最大20コマ/秒
    – シャッター耐久性は30万回
    – デュアルピクセルCMOS AF II に対応し、測距エリアや被写体検出(瞳・顔・頭部・動物の瞳顔全身)などの性能はR5と同じ。
    – ボディはポリカーボネート外装、内部フレームはマグネシウム、三脚ネジ穴は亜鉛ダイキャスト
    – EVFはEOS Rと同じ369万ドットだが、フレームレートが119.88fpsに強化
    – バリアングル液晶
    – カードスロットはSD UHS II のデュアルスロット
    – 動画は4K60pでクロップなしでの撮影に対応。5.1Kのオーバーサンプリングが可能
    – Canon Log 4:2:2 10bit 内部記録、HDR PQ 4:2:2 10bit内部記録に対応
    – マイク端子とヘッドフォン端子を搭載、モニタリングしながら高音質収録が可能

    (以下、スペックシートより追記)
    – 機械シャッターと電子先幕で1/8000-30秒、電子シャッターで1/8000-0.5秒
    – シンクロは機械シャッターで1/200秒、電子先幕で1/250秒
    – EVFは369万ドット有機EL、倍率0.76倍、アイポイント23mm
    – 液晶モニタは3.0型(アスペクトレシオ3:2)、162万ドット
    – 大きさは138 x 97.5 x 88.4mm
    – 重さはバッテリーSDカード込みで680グラム、ボディのみで598グラム

    (以下、日本語版のプレスリリースより追記)
    – ボディ内手ブレ補正を採用。レンズ側の光学式手ブレ補正と協調制御により8.0段の手ブレ補正を実現。
    – AFは-6.5EVの低輝度合焦限界を達成
    – 常用感度はISO102400
    – 防塵防滴構造を採用
    – 電源OFF時のシャッター幕の開閉を選択可能
    – DIGIC X
    – マルチコントローラー搭載

EOS R5 もEOS R6 もすごい内容で、これまでのEOS Rと比べると驚くほど機能強化されています。動画の仕様も今までとは比較にならないハイスペックぶりで、1世代でここまで進化するとは驚きですが。価格は安くなないですがほしいです。sonyのA7sⅡ後継機ももうすぐ発表なので楽しみです。

新時代始まる

関連記事

  1. スーパーGTが改訂スケジュールを発表!富士、鈴鹿、もてぎを中心に開催。全戦で無観客開催を想定する模様。

  2. THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE

  3. 神戸を拠点に活躍する日本初のアカペラグループ「チキンガーリックステーキ LIVE in 淡路島」9月22日開催」!チケットは発売中

  4. 名古屋LIVE HOUSE CIRCUS

  5. ☆SPIKAの「Darling….2019」のリングトーンが5月26日リリースされます。

  6. プラスウイン株式会社

  7. キヤノンが7月9日に「EOS R5 / EOS R6」発表のライブ配信を計画中?

  8. 【デジカメ】ソニーα7S III の発表は7月28日か29日?

  9. 株式会社サウンドクリエーター